第一小学校旧校舎を
創造都市やまがたの拠点として
再整備するための活用実験プロジェクト/ ABOUT

山形市は、ユネスコ創造都市ネットワーク加盟(2017年)を機に、地域に蓄積されてきた世界に誇るべきクリエイティブのチカラを産業振興に活かし、地域の未来に繋げていく「創造都市推進事業」を進めています。そのひとつ、山形市立第一小学校旧校舎(=旧一小)を創造都市やまがたの拠点として再整備する事業は〈 活用実験 → 調整工事 → 本格始動 〉という3段階のロードマップで計画されており、2019年度からはその第1弾である活用実験プロジェクト「Q1(キューイチ)プロジェクト」が始動します。

事業ロードマップ/ ROADMAP

「Q1(キューイチ)プロジェクト」では、「創造都市やまがたの拠点はどうあるべきか?」 を問いかけます。まちに眠るクリエイティブを棚卸しつつ、再編集しつつ、地域の産業との化学反応を試す実験場。あるいは、やまがたのクリエイティブに身近に触れることのできる文化施設。 あるいは、若く優秀なクリエイターたちがいきいきと価値創造に没頭するワークスペース。あるいは、地域の企業が新たなチャレンジにトライするテストマーケティングの現場。あるいは、地域の産業とクリエイティブとが出会い、イノベーションを誘発するプラットフォーム。あるいはその全てを融合したものとなるのかもしれません。その輪郭を導きだします。

事業ビジョン/ VISION

  • 「ユネスコ創造都市」って、
    なんですか?
    2004年に創設されたユネスコ創造都市ネットワークは、「都市が持続的発展をするための戦略的要因はクリエイティブである」と自覚する都市間の協力を促すことを目的とし、世界180都市が加盟しています。映画、クラフト、デザイン、食文化、文学、音楽、メディアアートという7つの分野があり、山形市は2017年、日本初となる映画分野で加盟しました。まちが独自に育んできた文化芸術や創造性を地域産業に活かし、革新的な経済基盤づくりに繋げることで、グローバルな環境問題やローカル特有の地域課題を創造的に解決していくことが期待されます。
  • 世界が認める
    山形市の「創造性」とは?
    例えば、30周年を迎えた「山形国際ドキュメンタリー映画祭」。東北を代表する芸術系大学「東北芸術工科大学」。有機ELなどで世界を先駆ける「山形大学」。まちと大学を舞台とする「山形ビエンナーレ」。地方都市のプロオーケストラでありながら高く評価される「山形交響楽団」。高品質の食材を生み出す「農業」、伝統的な郷土料理をはじめとする「豊かな食文化」。伝統工芸や地場産業の「ものづくり」等々。ユネスコに認められたその数多くの素晴らしいクリエイティブの集積の価値を見直し、再評価し、再編集しつつ、市民の誇りとしていきたいものです。
  • 「やまがたのクリエイティブ ×
    産業 = ? 」
    重要なことは、クリエイティブのチカラを地域の産業に活かし、まちの持続的発展につなげることです。世界中から多くの映画関係者が集まる山形市は、クリエイティブやアートの活動を支える人材や高等教育を受けた人材を数多く輩出するなど、クリエイティブ産業の関係者数は同規模の地方都市を圧倒的に上回っています。それらを地域の企業のイノベーションにダイレクトに結びつけ発展させるような仕組みをつくり、地域産業を振興させ、若く優秀な人材が存分に働ける場を創出することが、まちの未来を大きく変えていきます。
  • どんなことが始まり、
    どんなことが計画されている?
    「Q1(キューイチ)プロジェクト」は、山形市立第一小学校旧校舎(=旧一小)を創造都市やまがたの拠点として再整備する事業における第1フェーズに位置付けられます。この再整備事業は大きく〈活用実験→調整工事→本格始動〉と3段階のフェーズで進行することが計画されています。「Q1(キューイチ)プロジェクト」は、2022年度からの本格始動に向けたフィージビリティスタディの役割を担うものです。拠点内におけるテナントの企画・運営や、イベントの企画・実施などが主たる活動になります。
  • 「Q1」という
    プロジェクト名の由来とは?
    「Q1」は「キューイチ」。「旧一小」に由来します。1927年に建てられた県内初の鉄筋コンクリートの校舎であるこの建造物は、国の登録有形文化財にも登録された、山形市民の学びの歴史でありシンボル。これまで数多くの卒業生を輩出し、先人たちの誇りと愛着が今なお息づいています。また「Q1」は、問いのはじまりの記号です。いわば、学びのはじまりであり、クリエイティブのはじまりです。クリエイティブとは問いつづける営みです。その実践となるような試みが、まさにこの場所で、さまざまに試行されてゆくことでしょう。
※ビジュアルはあくまでイメージです。

プロジェクト概要

|名称|
Q1(キューイチ)プロジェクト/第一小学校旧校舎を創造都市やまがたの拠点として再整備するための活用実験プロジェクト
|開始|
2019年度〜(2022年度より本格始動予定)
|場所|
山形市立第一小学校旧校舎(旧一小/現・観光文化交流センター 山形まなび館)内
|概要|
クリエイティブ会議の実施/リノベーションスクールの実施/テナント企画・誘致・運営/イベントの企画・運営/ほか
|運営|
山形市、東北芸術工科大学
|お問い合わせ|

※山形まなび館の交流ルームの貸出は、従来通り行われます。(お問い合わせは「観光交流センター・山形まなび館」へ)