/ NEWS

第8回クリエイティブ会議「“サッカーだけじゃない!” モンテディオ山形がクリエイトする山形の新しい健康と暮らし」

とかく「勝った負けた」で評価されがちなプロ・スポーツクラブ。モンテディオ山形が目指すのは、試合以外の場面でも、地域を楽しくクリエイトすること。

モンテディオ山形を率いる相田社長は、様々な欧米の先進的なスポーツビジネスをお手本に、山形ならではのプロ・スポーツクラブの姿を思い描いています。モンテディオは、決してサッカーファンのためだけにあるのではなく、山形に暮らすたくさんの子供たちの未来を担っているのです。この街にモンテディオがあって良かったと思える夢や希望をたくさんお聞きします。

─中山ダイスケ─

テーマ=第8回クリエイティブ会議「“サッカーだけじゃない!” モンテディオ山形がクリエイトする山形の新しい健康と暮らし」
登壇者=相田健太郎(Kentaro Aita) 株式会社モンテディオ山形 代表取締役社長
モデレーター=中山ダイスケ(Daisuke Nakayama) 株式会社Q1取締役・東北芸術工科大学学長

主催=山形市・株式会社Q1
企画運営=株式会社Q1

【登壇者プロフィール】
相田健太郎(Kentaro Aita)
東洋大経営学部卒業後、旅行会社勤務を経て、2003年J2水戸の運営会社(株)フットボールクラブ水戸ホーリーホックに入社。2007年に東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する楽天野球団に移り、新規営業を担当。2017年にJ1神戸を運営する楽天ヴィッセル神戸に出向し、強化部長などを歴任。2018年12月より、株式会社モンテディオ山形代表取締役社長に就任する。就任後は、サッカーをコンテンツとしてやっていくだけの会社ではなく、沢山の楽しみを提供できるスタジアムづくりを目指して日々業務を進めている。

YouTubeで視聴する

【クリエイティブ会議とは】
Q1プロジェクトが目指す「クリエイティブと産業を暮らしで結び、それらを山形の持続可能な社会へ還元する」ための具体的な方法論や事業の可能性をテーマに、先進的な活躍をされているクリエイター/アーティスト等のゲストとQ1ディレクター陣がディスカッションする公開型の企画会議です。

※クリエイティブ会議は、「令和3年度やまがたクリエイティブシティセンター・Q1運営事業業務委託」の業務の一つである「シティブランディング業務」の一環として実施しています。

/ 2021.09.02

/ NEWS