/ NEWS

第9回クリエイティブ会議「実験とプロトタイピングで世界を広げるデザイン」

第9回目のクリエイティブ会議は、「実験とプロトタイピングで世界を広げるデザイン」と題して、デザインディレクターの望月重太朗さんをゲストにお迎えします。望月さんは、博報堂アイ・スタジオにて2014年よりR&D部門を率いて、数多くのプロトタイプを手掛け、現在はREDD inc.の代表取締役として幅広いデザイン活動を進めています。

国際的なクリエイティヴフェスティバルである「カンヌライオンズ」での登壇(2016年)や、欧州最先端の実験思考「ボーダーセッションズ」での登壇(2017,2018年)、「SXSW」(サウスバイサウスウエスト)での作品発表(2018年)など、その活動は世界的にも高く評価されています。また、体験とテクノロジーの双方をつなぐ独自のデザインメソッド「Connective Design」の手法を活用し、新しいビジネスの企画・開発も行っています。

今回は「実験とプロトタイピングで世界を広げるデザイン」をテーマに、ヒト・コト・舞台の要素が絡み合い、循環することで、さまざまな価値や繋がりが生まれ、育まれていくシステムについてお話いただきます。

─深井聡一郎─

テーマ=第9回クリエイティブ会議「実験とプロトタイピングで世界を広げるデザイン」
登壇者=望月重太朗(Jutaro Mochizuki) REDD inc.代表取締役
モデレーター=深井聡一郎(Soichiro Fukai) 株式会社Q1取締役・東北芸術工科大学教授、アイハラケンジ(Kenji Aihara) 株式会社Q1取締役・東北芸術工科大学准教授

主催=山形市、株式会社Q1
企画運営=株式会社Q1

【登壇者プロフィール】
望月重太朗(Jutaro Mochizuki)
2003年 博報堂アイ・スタジオ入社。2019年1月 REDD inc.設立。デジタルを中心としたクリエイティブディレクション、アートディレクション、未来洞察からのストーリーライティングを軸に、様々な企業や商品のプロモーション/ブランディングの企画立案・制作に従事。2014年よりR&D部門を率い、PechatやLyric Speakerを始めとした120を超えるプロトタイプ、新規プロダクト&サービスの企画・開発や、既存のデザイン思考にとらわれない独自のデザインメソッド「Connective Design Framework」の開発を行う。また同年より5年連続でSXSW Trade Showに出展し、日本におけるSXSWエバンジェリストとして日本各地で数多くの講演等を行う。2018年、MediaLab Amsterdam(オランダ)との連携プロジェクトCo-Deの立ち上げ、国連の難民支援組織であるUNHCRとの連携によるクリエイティブプログラム「R-School」の開発、高知県の農産物販路拡大コーディネーターとして農産物の価値を最大化するためのセミナー講師、UMAMI Labを通じ日本が本来持つサス ティナブルデザインの可能性模索など、デザインの力で領域を拡張し新しい文化を創るためのプロジェクトにも多く携わる。国内外の広告賞にて受賞多数。その他活動として、武蔵野美術大学非常勤講師、宣伝会議教育講座講師、Border Sessions 2018オフィシャルスピーカー、SXSW 2017オフィシャルスピーカー、Cannes Lions 2016オフィシャルスピーカー、China International Ad Festivalオフィシャルスピーカーなど。

2021年9月17日(金)18:00〜 YouTubeライブ配信

【クリエイティブ会議とは】
Q1プロジェクトが目指す「クリエイティブと産業を暮らしで結び、それらを山形の持続可能な社会へ還元する」ための具体的な方法論や事業の可能性をテーマに、先進的な活躍をされているクリエイター/アーティスト等のゲストとQ1ディレクター陣がディスカッションする公開型の企画会議です。

※クリエイティブ会議は、「令和3年度やまがたクリエイティブシティセンター・Q1運営事業業務委託」の業務の一つである「シティブランディング業務」の一環として実施しています。

/ 2021.09.08

/ NEWS