/ NEWS

やまがたシティプロモーション「山形のソウルフード『ゲソ天』」(エンドー)

「山形シティプロモーション」は、山形県山形市を舞台に、魅力的な活動を行う企業・人・プロジェクトなどを取り上げるプログラムです。
今回は、エンドーさんにお話を伺いました。

エンドーは昭和40年創業。看板メニューである「げそ天」で有名な地域密着型スーパー。豊洲から仕入れた「鮮魚」や、山形の郷土料理などの「お惣菜」をはじめ、げそ天と人気を二分する「筋子」、コロナ禍を機にスタートした「宅配サービス」「宅飲みメニュー」、地元デザイン事務所によるユニークなブランディング展開など、その取組は全国的にも知られています。看板メニューである「げそ天」をはじめ、エンドーの様々取り組みをQ1のアイハラと深井がレポートします。

ゲスト:遠藤英則さん(エンドー 店主)
ナビゲーター:アイハラケンジ(Q1プロジェクトプロデューサー/東北芸術工科大学准教授)、深井聡一郎(Q1プロジェクトプロデューサー/東北芸術工科大学教授)

※やまがたシティプロモーションは、「令和3年度やまがたクリエイティブシティセンターQ1運営事業業務委託」の業務の一つである「シティブランディング業務」の一環として実施しています。
※エンドーwebサイト:https://gesoten.jp/

YouTubeで視聴する

/ 2022.05.06

/ NEWS