/ LEASING

Q1プロジェクト
テナント入居者募集のご案内

山形市では2017年に「ユネスコ創造都市ネットワーク」に日本で初となる映画分野での加盟が認められたことを契機に、山形市の文化、芸術、産業、歴史、伝統などとそれを支える人々を貴重な地域資産と捉え、多くの人々と連携し磨き上げることにより産業振興・観光振興・教育振興に活かし、新たな価値を創造する「創造都市」の形成に取り組んでいます。

Q1プロジェクトはこの創造都市の拠点施設として、山形まなび館(旧第一小学校校舎 昭和2年竣工 山形県下初の鉄筋コンクリート造)を東北芸術工科大学などの協力のもと山形市がリノベーションし、2022年からの供用開始を目指しています。供用開始後は、この拠点施設がクリエイティブな人材や企業等をつなぐプラットフォームとなることで、産業や文化活動のイノベーションを促し、新たな事業開拓や人材の輩出などにつなげていきたいと考えております。

つきましては、山形市が推進する「創造都市」の趣旨をご理解いただき、Q1プロジェクトが整備する創造都市拠点施設の活用につきまして、ご検討いただきますようお願い申し上げます。

テナント入居までの流れ

1.入居に向けた意向の調査

テナント入居に向けた意向を
調査いたします
お申し込みフォームより
必要事項をご記入ください

お申し込みフォームはこちら

2.ヒアリング(面談)

お申し込みいただいた方と
個別に面談を行います
入居に対する考え、将来設計、
賃料などの条件を確認します

3.入居審査

信用情報機関への確認、
山形市とQ1で協議を行い
申込者の審査をいたします

4.本申し込み受付

令和3年より
本申し込みの受付を開始します
入居条件をご確認のうえ、
改めてお申し込みください

5.本契約

賃貸借契約の締結を行います 契約後、条件に合わせた工事を進めます

6.入居

工事完了後、2022年下半期より供用開始 契約条件の下ご入居いただきます

参考資料などのダウンロード

※創造都市やまがた「Q1」プロジェクトは、山形市からの「創造都市拠点施設([仮称]やまがたクリエイティブシティセンター)構築包括業務委託」により、株式会社Q1が業務を行なっております。